心から、笑顔になれるまち坂井市

ホーム > 市政情報 > 情報活用・情報公開 > 情報教育 > GISを活用した授業 > 「GISで小学生を笑顔に」プロジェクトで「町たんけん」

ここから本文です。

更新日:2017年3月7日

「GISで小学生を笑顔に」プロジェクトで「町たんけん」

「GISで小学生を笑顔に」プロジェクト

『GISで町たんけん』

GISプロジェクト市内の小学校3年生を対象に、坂井市WebMap(GISでまちたんけん)を活用して、GISに関する知識を深めるとともに、自校の校区や市域の範囲、学校のまわりや地域のことについて学習します。社会科の授業で、歩いた町やバスで実際に訪れた場所が、電子地図上ではどのあたりになるのかといった、空間認識力の向上を目指します。また、40年前の空中写真と現在の写真とを見比べながら、まちの移り変わり等を学びます。
児童自らが、パソコン(坂井市WebMap)を操作して、三国地区の地図記号を地図中から見つけたり、航空写真と見比べながら、土地利用の様子や施設の場所がどのあたりにあるのか等を学習します。実際に見学(たんけん)した場所とGISを結びつける全国の小学校の中でも一歩進んだ最先端のICT教育に挑戦します。
三国南小学校 日程調整中
三国北小学校 日程調整中
雄島小学校 2016年7月6日(水曜日)2・3時間目
加戸小学校 2016年6月18日(土曜日)1時間目
三国西小学校 日程調整中

三国南小のサイトはこちら⇒GISで町たんけんのサイト
三国北小のサイトはこちら⇒GISで町たんけんのサイト
雄島小のサイトはこちら⇒GISで町たんけんのサイト
加戸小のサイトはこちら⇒GISで町たんけんのサイト
三国西小のサイトはこちら⇒GISで町たんけんのサイト

授業の内容

  • GIS(電子地図)とは、どのようなものなのか知識を深める。
  • 一学期に行った「町たんけん」の場所(コース)を電子地図上で紹介して、空間認識能力をつける。
  • 地域のことをまなぶ。
  • 地図上に、いろいろな公開情報を重ね合わせて、紙地図との違いを認識する。
  • 小学校の校区、三国地区の区域、坂井市の市域、福井県の県域を順に表示して、自分のくらしている町が、それぞれのどのあたりにあるのかを学習する。
  • 現在と40年前の航空写真を見比べて、三国地区の移り変わりなどを学習する。

授業の目的

  • パソコンの操作を学習し、興味をもつ。
  • GISの特徴や仕組みを学習し、興味をもつ。
  • 紙地図とGISとの違いを学習する。
  • 地域の歴史を学習することで、地域への理解や愛着を深める。
  • 人口減少対策・地域創生

お問い合わせ

企画情報課

電話番号:0776-50-3013 ファクス:0776-66-4837

福井県坂井市坂井町下新庄1-1 坂井市役所本庁2階

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?