心から、笑顔になれるまち坂井市

ホーム > くらし・手続き・税 > ペット・動物 > 飼い主のいない猫について考えよう

ここから本文です。

更新日:2016年6月14日

飼い主のいない猫について考えよう

飼い主のいない猫について

飼い主のいない猫(いわゆる野良猫)の増加によって、糞尿や鳴き声などの周辺トラブルが問題になっています。これらの猫には飼い主がいないため、不満を持っていく先がなく、被害を受けている人は猫を憎むことになるうえ、餌を与えている人と感情的なトラブルが生じることもあります。
しかし、これらの猫は人間の身勝手によって捨てられたりしたものが増えたものも多く、猫たちに罪はありません。

飼い主のいない猫(野良猫)を減らすガイドライン

福井県では、飼い主のいない猫(野良猫)による様々な問題を解決するため、また、県に収容されるこれらの猫を減らすことを目的としたガイドライン(平成28年4月1日)を作成しました。このガイドラインは、地区住民が、地区で起きている猫に関する問題を共有し、猫の習性等について理解を深め、その問題を解決する方法を選択し、解決に向けた取組みをしていくための手助けをするものです。飼い主のいない猫(野良猫)でお困りの地区の皆様におかれましては、このガイドラインをご活用いただき、その問題を解決し、住みよい地区を目指していただきますようお願いします。

福井県ホームページ(飼い主のいない猫(野良猫)を減らすガイドラインの策定について)へのリンク(外部サイトへリンク)

 

 


お問い合わせ

環境推進課

電話番号:0776-50-3032 ファクス:0776-68-0440

福井県坂井市坂井町上新庄28-5-3 坂井健康センター2階

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?