心から、笑顔になれるまち坂井市

ホーム > 観光・文化・スポーツ > 観光 > 歴史 > 新田義貞公墓所

ここから本文です。

更新日:2016年11月24日

新田義貞公墓所

30墓所は時宗称念寺の境内のなかにあり、石柵で囲われています。墓地には、天保8年(1837年)新田義貞公500回忌に際して福井藩十代藩主松平宗矩が建立した五輪塔が備わっています。
新田義貞は、延元3年/建武5年(1338年)に藤島庄燈明寺畷で戦死しました。その際、敵である足利高経は、遺体を輿に乗せ、時衆(時宗の僧)をつきそわせて、葬礼のため往生院へ送るようとりはからったと伝えられています。この往生院が現在の称念寺と考えられています。

所在地

坂井市丸岡町長崎19-17

交通アクセス

  • JR丸岡駅・JR春江駅よりタクシーで10分
  • 北陸自動車道丸岡ICより車で5分

連絡先

0776-66-3675

日中の連絡先は、まごころ保育園まで

0776-68-0756

場所情報

お問い合わせ

称念寺
福井県坂井市丸岡町長崎19-17
電話番号:0776-66-3675

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?