心から、笑顔になれるまち坂井市

ホーム > 観光・文化・スポーツ > 観光 > 観光・イベント情報 > 史城最大!?現存12天守日本縦断ウルトラクイズを実施しました

ここから本文です。

更新日:2017年12月5日

史城最大!?現存12天守日本縦断ウルトラクイズを実施しました

全国から32組100人の挑戦者が坂井市に集結!

ウルトラクイズ

2017年11月11日(土曜日)、の紅葉まつりに合わせて「史城最大!?現存12天守日本縦断ウルトラクイズ」と銘打った現存12天守に関する知識を競うクイズ大会を開催しました。

北は青森県弘前市の弘前城、南は高知県高知市の高知城と、建設当時の形を今に残す日本の名天守に関する難問・珍問が大集合。問題は全て各天守のパンフレットに記載されている中から作成し、建築様式や石垣、歴代城主といった基本的なものだけでなく、城周辺の植生や生息動物、果ては入城料金など、各天守のパンフレットの隅をつつくような問題も。

事前に送られた各天守のパンフレットを手に挑んだ参加者は、32組100人。どこまで中身を読みこみ、どこまで出題範囲を予想したかが勝敗のカギになりました。

予選

予選は午前9時30分から城のまちコミュニティセンターにて開催。各天守から8問ずつ、計96問の4択問題を制限時間60分で実施しました。


予選問題とパンフレット

予選の様子

参加者の多くは予想もしない問題に悪戦苦闘。不正防止のために武士がにらみをきかせる中、仲間と相談し合いながら難問を解いていきます。

予選結果発表・敗者復活戦

採点結果の上位10組が決勝に進出。果たして皆さんの出来はというと…
1位は80点!
以下、2位75点、3位70点と続きます。
そしてボーダーラインの10位は64点。ちなみに平均点は55点で、参加者からの「難しすぎる」声多数。
予選突破の皆さん

普通のクイズ大会なら10位以内に残らなかった人は退場となりますが、しかし、これはウルトラクイズ。
ウルトラクイズといえば…そう、敗者復活戦。
そしてウルトラクイズといえば…そう、知力だけでなく、時の運(体力はさておき)。

11位以下の参加者全員で、今年開発されたばかりの新ブランド米「いちほまれ(外部サイトへリンク)」のおにぎりを食べ、中に梅干しが入っていた幸運な2組も決勝に進みました。

残念ながら予選突破ならなかった参加者も、いちほまれの「絹のような白さと艶」「口に広がる優しい甘さ」「粒感と粘りの最高の調和」をしっかりと味わっていただきました。

敗者復活戦

決勝その1

決勝はメイン会場に設けられた特設ステージで実施。まずは勝ち残った12組が予選の点数順で問題を回答し、先に2点を先取した5組が真の決勝へと駒を進めます。
しかし、回答の前には坂井市のゆるキャラ「城丸くん」が登場。まずは城丸くんにじゃんけんで勝たないと回答できない仕組みになっており、ここでも出場者の運が問われることに。

城丸くんとじゃんけん

じゃんけんに勝ったら、好きな城の番号を選んで回答。超難問からサービス問題、パネル問題と、決勝でも参加者を苦しめます。
パネル問題

決勝その2

いよいよ最後は5組による早押しクイズ。ここまで来たらあとは実力のみです。
ここでやはり、予選を1位で通過したチームが本領を発揮。立て続けに正解を連発し、他のチームを引き離していきます。
決勝

そしてそのまま優勝。なんと中学生の2人組で、優勝賞品として12天守に行ける(かもしれない)5万円分の旅行券と入城券を手にしました。

優勝チーム

 

 


場所情報

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

シティセールス推進課

電話番号:0776-50-2082 ファクス:0776-66-4837

福井県坂井市坂井町下新庄1-1 坂井市役所本庁2階

電話番号:0776-66-5880

問い合わせ先2は坂井市丸岡観光協会になります

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?